三鷹まちづくり通信

この通信は、地域産業の振興と総合的なまちづくりを推進するために、三鷹市と株式会社まちづくり三鷹が協働で発行しています。三鷹市内のまちづくりに関する事業や催しもの、まちづくり団体の活動などを紹介しています。

まちから始まる新チャレンジ2021年度3号

0歳から100歳まで楽しめる多世代交流拠点で、
地域への想いを原動力に多様で楽しい場づくりを実現

 どこか懐かしさを感じさせる木目調と白壁のインテリアが印象的なお店「せんべいの駄菓子屋さん」を営む紙芝居使のせんべいさん。お店を8月にリノベーションし、それを手掛けたのは、デザインリフォームの専門家でありながら自身の運営する「DIY STORE 三鷹」で多世代交流レンタルスペース「0100space」をオープンした白石さん。二人とも、自分たちが育ち暮らしてきた三鷹という地域に根差しながら、新たな多世代交流の場を作り出す活動をされています。そこで、今回地域への想いや自身の活動について伺ってきました。

2021年度3号 三鷹まちづくり通信

2021年度3号では以下の内容を紹介しています。

  • 「第18回みたかビジネスプランコンテスト最終審査会」各賞が決定しました
  • 2022年2月10日(木)開催「第24回 SOHOフェスタ オンライン ~挑戦する事業者の祭典~」
  • 「北野の文化 親子探検」が開催されました
  • 三鷹まちづくりフォトコンテスト特別企画 ワンポイント・ アドバイス講座が開催されました
  • まちづくりセミナー参加者募集 地域に根差した岩村田本町商店街の取り組み ~「商店街」から「生活街」へ~
  • 2022年2月(予定) 新規創業支援施設「三鷹インキュベース」オープン
三鷹まちづくり通信2021年3号

これまでの三鷹まちづくり通信(アーカイブ)