テーマデザイン結果発表

去る629日(木)、記念すべき第20SOHOフェスタin MITAKAのテーマデザイン選考会が行われました。今回も日本各地から59点の作品をご応募いただき深く感謝いたします。
今回のテーマは「Mainstream」。予選を通過した14点のなかから、テーマを的確に表現しているか、SOHOをイメージでき、美しくかつ訴求力があるかどうかをポイントに審査し、審査員の合議の末に大賞1点、フェスタ賞4点、審査員特別賞2点が決定しました。

大賞

大村泰久さん(奈良県)

明るくクリアな色彩で、今回のテーマ「Mainstream」とSOHOが集積するイメージの両方をうまく表現しているところが、選考委員の支持を集めました。かつての受賞作にテイストが似ているという指摘もありましたが、細部までていねいに処理されており、Webページ等への活用もしやすく使いやすい点が評価されました。ただ「第20回SOHOフェスタin MITAKA」の文字が読みにくいので、この点を修正するという条件付き受賞です。

フェスタ賞

三輪夏生さん(東京都)

最後まで大賞を争った作品です。フェスタの楽しさが表現されており、様々な個性が前に進んでいくイメージで、「Mainstream」というテーマの扱いも上手です。ただ、SOHOのイメージにはあまりフィットしないのではないかという意見もありました。

小川菜々美さん(京都府)

まず鮮やかなオレンジが人目を引きました。そして「Mainstream」を押し寄せる大小の波濤と飛沫で表しているアイディアがユニークで、躍動感がある点が評価されました。

金澤ひかるさん(北海道)

あえて「第20回」をデザインの前面に押し出しているところが面白く、文字の処理も巧みです。全体にシックでスタイリッシュなデザインでしたが、その分静的で、人が集まるフェスタのデザインとしては弱い点が残念でした。

大山結実子さん(北海道)

パッと目を引き、文字の表現が力強くすっきりしたデザインです。道路標識の「合流」でメインストリームを表すアイディアは面白いのですが、背景の黄色はもう少しビビッドな色でもよかったという意見がありました。

審査員特別賞

小原妹子さん(茨城県)

メインストリームとメインストリートをかけているアイディアが面白かったです。

大村泰久さん(奈良県)

大賞受賞者のもう一つの応募作品です。大賞と同じアイディアを異なるデザインで表現しています。


テーマデザイン選評

今年も全国各地から、さまざまな年齢、職業の方々からご応募をいただき、ありがとうございました。審査員およびスタッフ一同、心より御礼申し上げます。第20回を迎える記念すべき今回のテーマ「 Mainstream」は、応募者の皆様がイメージを広げてユニークなアイディアで表現されており、楽しんで選考することができました。
 
テーマデザインは、その年のテーマに加えて SOHOのイメージを表現していること、フェスタのチラシや Web ページ等に用いられるという条件をクリアすることが求められます。ところがこのすべてを満たすことが難しく、作品を選考する中で「ああ、ここが惜しい!」と思うこともあります。
 
応募総数59点から予選を通過したのは 14点です。ここから 6点に絞られました。合議が進むうち 1点が脱落し、残り 5点は、持ち味が「ポップで動きがあるもの」 VS「洗練されていて目を引くもの」にくっきりと二分されました。審査員からも「これは、楽しさを選ぶか、かっこよさを選ぶかの二択ですね」という意見が出たくらいです。
 
結果として大賞受賞作品は、楽しさが感じられ、かつ上記の3大必須条件を満たしているものとなりました。大賞受賞作品はこれからSOHOフェスタのウェブやチラシ、パンフレットなどに展開していきます。
 
また、北海道石狩翔陽高等学校では、今回のテーマデザインを授業で取り組んでくださり、多くの力作を寄せていただきました。
 

審査員リスト(敬称略)

・前田隆正 委員長(SOHO CITY みたか推進協議会 会長)
・河野康之 副委員長(株式会社まちづくり三鷹 代表取締役副社長)
・佐藤文典(三鷹商工会 会長)
・田口智英(三鷹市 生活環境部 調整担当部長)
・小林昭世(武蔵野美術大学 教授)
・新山明子(株式会社サンケイリビング新聞社 リビングむさしの編集長)


過去の使用例

PRハガキ・公式サイト・パンフレット・看板などで使用します。

 

 

SOHOフェスタ会場内の看板

SOHOフェスタの公式サイト


当日の模様をまとめたSOHOフェスタ新聞(左)
PR用のハガキ(中)
チラシ(右)


SOHOフェスタ in MITAKAについて

1997年に「SOHO CITYみたか構想」が打ち出され、翌年の12月に日本で初めて公的なインキュベーション施設となる「SOHOパイロットオフィス」が開設。その入居者や三鷹に集積し始めたSOHOのPR支援の一環として1999年2月に「第1回SOHOフェスタ in MITAKA」を開催しました。
それから毎年、SOHO事業者のビジネス展開、発表、交流の場として、また、事業者も一般の方も楽しめるイベントとして開催し、今年で20回を迎えます。
 


お問い合わせ

第20回 SOHOフェスタ事務局
(株式会社まちづくり三鷹内/担当:小川)
Tel: 0422-40-9669(代) Fax: 0422-40-9750
LinkIcon