三鷹のキャラクター Poki(ポキ)について

ポキ プロフィール

POKIキャラクター

三鷹のキャラクターPoki(ポキ)は、スタジオジブリの宮崎駿監督がデザインし、市民が名付け親となって2001年に三鷹の森ジブリ美術館オープンをきっかけに、製作されました。

販売中のグッズについて

三鷹産業プラザ内まちづくり三鷹窓口や市内店舗などでPokiグッズが販売されています。

商品のお問い合わせなどはまちづくり三鷹(電話 0422-40-9669)へどうぞ。 ポキ関連商品

キャラクター使用について

キャラクターの使用目的

「三鷹の森ジブリ美術館を中心とする地域の文化的・経済的発展に寄与するため」愛情をもってみんなでキャラクターを育てていきましょう

  1. 市内イベントのPRにキャラクター「Poki」を使用することができます
  2. キャラクター「Poki」のグッズを制作、販売することができます。(申請が必要です)

(詳しいご案内)

キャラクターの著作権

キャラクターの著作権は、株式会社スタジオジブリが所有しています。市民及び事業者のみなさまがキャラクターを使用する場合は、株式会社まちづくり三鷹とキャラクター使用再許諾契約を締結し、株式会社まちづくり三鷹が、著作権者と直接使用許諾契約をおこないます。

キャラクターの使用範囲と使用できる地域

キャラクターの使用は広報媒体、非商品、商品の3種類で、具体的内容、使用可能地域、広報媒体などに制限があります。

キャラクター使用再許諾対象者

原則市民及び市内事業者とします

市内事業者の定義

市内に引き続き1年以上住所を有し、次の要件を備えた法人及び事業者とします。

  1. 法人及び団体の場合には、三鷹市内に本店もしくは事業所を登記していること。
  2. 個人の場合には、住所もしくは店舗が市内にあること
  3. その他、株式会社まちづくり三鷹が認めたもの

キャラクターを使用して、商品を開発する場合

株式会社まちづくり三鷹にお問い合わせください。申請書等もあります。