みたかまちづくり通信 インタビュー(2012.6-7月号)

2012年9月4日

気軽に会話、新たなビジネスに期待

 

薄 康弘さん


 ウェブサイトやスマートフォンアプリの構築など、IT関係の企画・制作を行うウスキ製作所の薄康弘さんの本拠地は、八王子市にあるインキュベーションオフィス。しかしお客様が三鷹市にいることもあって、週のおよそ半分はミタカフェで仕事をしています。


 「オフィスでは閉鎖的になりがちですが、ここはオープンな感じ」と言います。気軽な会話から他業種の動向を知ったり、同業の先輩技術者に習ったりと、一人でオフィスにいるよりも多くの刺激を受けるそうです。「緩やかなつながりから企画やプロジェクトが生まれそう。新たなビジネスの可能性を感じています」と、コワーキングという場に期待を抱いているそうです。

 

薄康弘さん.jpg

 

 

 


 

取材者:小田原澪
編集企画「イトヘン」主宰、地営業カンパニー「合同会社++」紙係社員。東京・多摩を主フィールドに、地域の文化と風土と人を描出します。