まちづくり三鷹「Children'sRubyProject」が「フクオカRuby大賞」優秀賞を2年連続で受賞

2010年1月29日

要約

2010年1月20日、福岡県と福岡Rubyビジネス拠点推進会議が主催する「第2回フクオカRuby大賞」において、三鷹市の第三セクターである株式会社まちづくり三鷹(代表取締役社長 河村 孝)が実施した「Children'sRubyProject~近未来に世界最先端のIT先進国日本を担う次世代の人財をRubyで育てる~」が優秀賞を受賞しました。

本文

表彰式は、1月29日、ホテルオークラ福岡(福岡市博多区)で開催される、「フクオカRubyフォーラム2010」の中でおこなわれます。

福岡県では、日本発のプログラミング言語Rubyを核とするソフトウェアの技術開発拠点化を産学官あげて進めています。フクオカRuby大賞は、ソフトウェア産業の振興、Rubyの世界への普及を目的として、Rubyで開発したシステムや新しいビジネスモデルのほかに、普及に関する取組を表彰するため実施されたものです。

2回目となる今回は、日本をはじめアメリカ、イギリス、オーストラリアなど世界8カ国からRubyによるソフトウェアや普及活動など非常にレベルの高い64件の応募がありました。

当社では、次世代を担う子どもたちのために、小中学生向けのRubyプログラミング教育教材を開発し、中学生対象にデモ講座をおこないました。その中で、子どもたちにRubyを使って実際にプログラミングをしてもらいその楽しさを実感してもらいました。同教材が短時間で効果的にRubyを学べる点と、他地域に広がることを目的に開発されていることから、Rubyの普及拡大だけでなくソフトウェア産業を支える技術者の育成に貢献する点が高く評価され昨年に続く優秀賞の受賞となりました。

他の受賞者については、こちらのPDFファイル(14.9KBytes)の通りです。

プレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社まちづくり三鷹
三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ
TEL:0422-40-9669(9:00~17:30)/0422-49-8182(17:30以降) FAX:0422-40-9750
E-mail:info@mitaka.ne.jp
URL:http://www.mitaka.ne.jp/

関連ワード