丸池復活プランづくりワークショップ 概要

2012年1月27日

ワークショップの概要

仙川沿いにあるオープンスペースや、樹林、水辺空間などの自然環境を極力維持しながら、湧水を生かした丸池復活など、新たな自然環境の創出が図られています。

(三鷹市緑と水の回遊ルート整備計画より)

現存する自然を保全するだけでなく、行政も関わって市民主体のワークショップによって新川丸池公園の公園整備計画をつくり上げました。

丸池復活プランづくりワークショップ、杏林大学看護婦寮跡地ワークショップ、丸池第二期ワークショップが開催され、市民による公園プランができました。

新しい都市型ビオトープ(※)を創出することにより、緑と水が調和した楽しい拠点づくりが進められています。

また、地域の方々を中心に様々な活動がおこなわれています。毎年秋には、秋まつりが開催されています。

 

(※)ビオトープ…生物生息のための空間のことで、単なる放置ではなく人間の柔らかい管理により存在する自然を意味します。

ワークショップ原っぱ
はらっぱ

 

ワークショップビオトープ
ビオトープ

丸池の里(総面積7ヘクタール)

主な公園など:

  • 新川丸池公園 
    住所:三鷹市新川5-1-8
    開園:昭和48年(1973)4月
    総面積:10243.99m2
    (第1期工事部分2993.18m2 2000年3月15日工事完了
    第2期工事部分2769.31m2 2006年3月31日工事完了)
    通称「原っぱ公園」 住所:三鷹市新川3丁目
    面積:3296m2
  • 丸池雑木林公園 
    住所:三鷹市新川3-20-1
    面積:3458.05m2
    開園:平成6年4月
    梅林(飛び地) 住所:三鷹市新川3丁目
    面積:約4132m2
  • 丸池北側斜面地「みはらし山公園」 
    住所:三鷹市新川3丁目
    面積:約3340m2
    開園:2002年4月(平成14年6月開園式)
  • 勝淵神社(緑地保全地区)
    住所:三鷹市新川3-20-17

新川丸池公園周辺:

都市公園 8ヶ所 総面積:42343.60m2
児童遊園 20ヶ所 総面積:9171.84m2
緑地 6ヶ所 総面積:920.47m2
青少年広場 3ヶ所 総面積:11769.91m2
コミュニティ広場 1ヶ所 総面積:7613.71m2

主催団体

丸池の里わくわく村

ワークショップ

実施設計ワークショップ

発行物

  • ワークショップニュース No.1~7
  • 実施設計ワークショップニュース No.1~4

ビデオ

丸池復活プランづくり運営委員会記録班は、1997年2月~11月にかけて、丸池復活プランづくりワークショップ(全7回)の活動をビデオ収録してきました。各回のワークショップ毎にまとめた「丸池復活物語(各約10分)」と、全体を11分にまとめた「丸池復活ワークショップの記録」(ナレーション:運営委員・小野静江さん)が完成しています。

玄人はだしのビデオ編集とナレーションで、記録ビデオとしてのみならず、「ワークショップとは何なの?」という方にもわかりやすくご覧いただけるようにできあがりました。

貸出申込み、問い合わせはまちづくり三鷹へお気軽にどうぞ。