杏林大学看護婦寮跡地ワークショップ 市長に提言

2000年7月15日

整備プランを三鷹市長に提言

整備プランを三鷹市長に提言

2000年7月15日(土) 勝渕神社境内

丸池北側に位置する斜面地「杏林大学看護婦寮跡地」の整備プランを考える半年間のワークショップが終了し、7月15日にできあがったプランを三鷹市長に提言しました。

丸池復活プランづくり運営委員会・小野さんからプランの簡単な説明の後、計画書を三鷹市長に手渡しました。

「整備プラン」は丸池の里にある他の公園との調和を図り、地形の特色を生かしながら、出来るだけ多くの方が利用できるような設備や植栽の工夫をこらしたものとなっています。

今後三鷹市でこの提言されたプランをもとに設計・工事をおこない、2002年3月には公園として完成する予定です。

整備プラン1

半年間のワークショップの成果を一つの整備プランにまとめ丸池復活プランづくり運営委員会より三鷹市長に提言されました。

「この提言されたプランを尊重し必ず素敵な公園に仕上げます」
(市長あいさつより)

整備プラン2

提言後「丸池流域地場産野菜を食べよう会」を催し、新鮮な夏野菜をいただいて全員でお祝いをしました。

整備プラン3

半年間のワークショップには延べ200人の方に参加いただきました。