手のひら通信 No.8

2000年1月12日

剪定って奥が深い!!

11月21日、朝10時、晴天。かねてより計画していた『園芸講習会』の当日です。しかし、いきなり現場での剪定作業の開始。井の頭まちづくりの会と公社の方だけで、高木と藤棚の剪定、花の苗の植え替えをおこないました。

今回の園芸講習会は、申込者が定員に満たなかったため中止とさせていただきました。なぜ人が集まらなかったのか。多分、「広報みたか」に記事を載せられなかったのが一番の原因でしょうか。また、公社だよりを御覧の方々は昨年と同じテーマなら「行かなくても‥‥」と思われたのでしょうか。

しかし、少人数でおこなったために、個人的にはすごく勉強になりました。高木の幹に登って、上の方から剪定をしていく。将来の姿をイメージしながら、伸びた枝を切り、葉を落とす‥‥。木の内側に茂っている枝を透いてる‥‥。上から剪定していくのは、切った枝や葉っぱを落としながら作業を進めるため、など‥‥。様々な剪定のポイントについて講師を依頼した造園業・岩崎さんに教わりながら、木の幹に掴まり"園芸は想像力と合理性の仕事"だと感じていました。現代の子供たちにとって必要だけどなかなか身に付いていない素質が養えるのでは、などと考えていました。園芸は面白くて奥が深いです。

次は春の苗づくり

園芸講習会は人が集まらなかったのですが、来年の春の花植えのために、『ガーデニング講習会』を来年2月もしくは3月におこなう予定です。

具体的な内容は、『種から育てる花の苗』をテーマに、30名程度の方に育て方の講習会をおこない、種、土、肥料、ポット、籠のセットをお渡しして持ちかえってもらい、参加者のご自宅で苗を育ててもらい、育った頃に一部を持ち寄って”手のひら公園”に植えようというものです。いままで種から苗を育てようとしてうまくいかなかった方には是非おすすめの講習会です。

日程などは近くになりましたら、お知らせします。

 

12月定例会はお休みします。次回定例会は、平成12年1月12日(水)19:00から、井の頭CC分館でおこなう予定です。

 

文責:井の頭まちづくりの会・上垣