手のひら通信 No.6

2000年10月1日

植え替え完了しました!!

9月15日に予定していた植え替え作業は、突然発生した台風16号のために、18日に延期しておこないました(15日にも少しだけ作業しました)。このため当初お手伝いに来ていただく予定だった方々は、ほとんど参加できなくなり、井の頭まちづくりの会会員、橋本ファミリー、公社の方にも手伝ってもらい合計8人で作業をおこないました。

はじめに、冬花としてのパンジーの種植えをおこない、200株分のポットをつくりました。これらが順調に育てば11月の下旬には、はやくも植え替えができるのではないかと考えています。

no.6植え替え完了

植えきれなかった花は‥‥

9月に種を植えたコスモス、黄花コスモス、羽毛ケイトウ、マリーゴールド、サルビアのうち、育ったのは黄花コスモスが一番、その次がコスモスで、ケイトウ、マリーゴールドの順で成功しました。ただ、サルビアはどういうわけか一本も育たず、来年に向けての課題となりました。

結局、450株ほどが使えるものとして育ち、そのうち200株ほどを手のひら公園に移植しました。残りは、まず、井の頭2丁目にある、あおば児童遊園に移植しました。そして少数ですが井の頭郵便局の外にあるポットと、丸三屋(不動産屋)さんの表に植えさせてもらいました。人数が多ければもっといろいろな場所に”花ゲリラ”として植えたかったのですが。初めての試みですから、成功としておきましょう。
どうしても植えきれなかった花(200株くらい)は、井の頭CC分館の入口横に置かせてもらって、『ご自由にお持ちください』という標示をつけておきました。するとどうでしょう、次の日にはものの見事になくなっていました。皆さん花がお好きなんですね。

これで、井の頭近辺で黄花コスモスやコスモスを見ると『我々が育てた花じゃないかな!!』と、勝手な想像を巡らせることでしょう。楽しみです。

橋本さんに頼りっきりだった”水やり”が課題として残りましたが、自分たちが植え替えした花が公園に咲いているのを見るのは何とも言えないものです。

テレビ番組でアメリカ・NYのコミュニティーガーデンの話題を取り上げていましたが、植物にふれることで、また自分たちの手で育てるという行為の中で学ぶことはすごく多いと思います。(NYでは犯罪の発生率が下がっているそうです)。三鷹でもこうした取り組みがそこここで見られるようになるといいなと感じました。

次は‥

11月下旬に園芸講習会を計画しています。10月27日の井の頭まちづくりの会定例会で話を詰める予定です。次号でお知らせします。

文責:井の頭まちづくりの会・上垣