平成25年2月18日(月)より、三鷹駅南口のバスロータリーと周辺エリアをサービスエリアとした、無線LAN基地局4カ所を設置し、無料公衆Wi-Fiサービスを開始しました。
 このサービスは、市民や来訪者のための災害時の情報の受発信環境を強化する目的で設置しました。
 3.11発災時には、三鷹駅南口には携帯電話も通じず、災害情報も入手できない帰宅困難者の人々があふれました。
 こうした状況に備えるための情報インフラ強化の一環として、総務省「ICT 街づくり推進事業」の実証事業「三鷹コミュニティ創生プロジェクト」を活用して整備しました。
 このサービスポータルサイトには、平常時にはクーポン配布、観光情報、イベント情報などが、災害発生時には災害情報のコンテンツが掲載されます。

○ 総務省「ICT街づくり推進事業」についてはこちら
○ 実証事業「三鷹コミュニティ創生プロジェクト」についてはこちら