「人間の明日への街」づくりのためにICTを生かし、協働を産み出し、持続可能なコミュニティの創生を。
 「三鷹市コミュニティ創生プロジェクト」は、総務省「ICT街づくり推進事業」の委託を受けて、三鷹市の「参加と協働による自治の歴史」を引き継ぎ、現在の課題発見・課題解決をはかりながら、未来を見通した「人間の明日への街」の実現を目指した施策の一環として行う実証事業です。
 ICTを生かし、「民産学公官」の関係主体により組織された「三鷹市地域情報化推進協議会」との協働により、当社が提案主体となり、事業採択されたものです。
 本プロジェクトのテーマは、(1)多種多様な行政、観光、災害情報等を住民に直接伝える情報配信プラットフォームの実現、(2)きずなの多層多元化、(3)情報の収集と一元管理による市民への適正・迅速な情報提供、(4)帰宅困難者支援の高度化の4点にあります。
 この4テーマに沿って、(1)情報配信プラットフォーム、(2)買物支援事業、(3)多職種連携事業、(4)情報収集意思決定支援システム、(5)情報伝達制御システム、(6)Wi-Fi(インターネット通信環境の提供)の6つの事業を行います。
買物支援モニター募集要項

▲ このページの先頭へ