三鷹産業プラザテナントにおける新型コロナウイルス感染者の発生を受けた対応について

2020年8月18日

過日、8月12日(水)に三鷹産業プラザ2期棟1階テナント「積水ハウスノイエ㈱東京営業所」社員1名にPCR検査により新型コロナウイルスの感染陽性が確認され、弊社に対し報告がありました。

当該テナントの企業公式HPで発表しています。

https://www.sekisuihouse.co.jp/company/topics/topics_2020/20200813_01/

 

当該テナントは社員の陽性判明後、管轄保健所の指導の下、当該テナント室内の消毒等を実施しました。なお、濃厚接触者として指定された方々は順次PCR検査を受けており、本日時点で半数以上の方の陰性結果が判明しています。最終的な状況については、改めてお知らせします。

当該テナントは8月10日(祝・月)以降8月16日(日)まで夏季休業でしたが、17日(月)以降は業務上必要最低限の社員のみ出勤しています。

 

また、弊社としても陽性を確認後、建物内の立ち寄ったと想定される個所(廊下、トイレ等の共用部)等について、念のため専門業者による消毒を実施済みです。なお、現時点で他のテナント・店舗は通常営業しています。

 

弊社では、引き続き所管保健所をはじめ行政機関と連携を図りながら、感染拡大の抑止のために必要な対応を進め、新型コロナウイルス感染症の拡大の防止に努めてまいります。


2020年8月18日
株式会社まちづくり三鷹