【利用者募集】サテラ三鷹「テレワーク・デイズ・パスポート」

2019年6月12日

テレワーク・デイズとは

総務省、厚生労働省などでは、東京都や関係団体と連携し、2017年より、2020年東京オリンピックの開会式の日である7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、参加企業・団体を募り、働き方改革の国民運動を展開しています。

2019年は、2020年東京大会前の本番テストとして7月22日(月)から9月6日(金)までの47日間を「テレワーク・デイズ2019」と設定し、テレワークの一斉実施を呼びかけています。

テレワーク・デイズ2019」について

 

TWdays_2019_bnset_600x600.png

株式会社まちづくり三鷹は、「テレワーク・デイズ2019」の応援団体として、サテライトオフィス「サテラ三鷹」、コワーキングスペース「ミタカフェ」など4施設を登録しました。

「テレワーク・デイズ・パスポート」利用者を募集します

サテラ三鷹は、「テレワーク・デイズ2019」の期間中に、「テレワーク・デイズ・パスポート」キャンペーンを実施します。

通常の1カ月利用料19,440円で、テレワーク・デイズ2019の期間中の約1.5カ月(47日間)、個別デスクのワークラウンジを利用できます。

また、パスポート会員は、10名までのミーティングルーム「プロジェクトルーム」を270円(税込)/15分で利用できます。

ぜひ、この機会にサテラ三鷹をご利用いただき、テレワークやライフ・ワーク・バランスを体験してください。

募集内容

  • 期間:2019年7月22日(月)~9月6日(金)47日間
  • 料金:ワークラウンジ 19,440円(税込)  ※プロジェクトルームは、別途料金にてご利用できます。
  • 申込:こちらから、お申込みください。
  • 受付:7月31日(水)まで

 

ご利用には審査があります。

詳細は、サテラ三鷹のホームページをご覧ください。

 

関連ワード

お問い合わせ

まちづくり三鷹
サテラ三鷹事務局
電話:0422-40-9669