三鷹で中高生向け『Rubyプログラミング講座』を開催中!都内の中・高校生9名が参加しています

2011年1月26日

中高生国際Rubyプログラミングコンテスト 専用サイトはこちら

開催の趣旨

中高生国際Rubyプログラミングコンテスト東京地区実行委員会(委員長:株式会社まちづくり三鷹代表取締役社長 河村孝)では、この春休み期間中、中高生を対象とした「Rubyプログラミング講座」を開催しています。対象は中学1年生から高校3年生まで。都内の中・高校生より申込みがあり、中学1年生から高校3年生まで9名の生徒が参加しています。

参加の動機は、「パソコンが好きだから」「プログラミングに興味があったから」「ゲームをつくってみたかった」など。初日の最後にとったアンケートでは、「プログラミングの面白さを知りました」(高3生)、「とても楽しい」(中1生)、「プログラミングを勉強して、自分一人で小規模でもシューティングゲームをつくれるようになってみたい」(中2生)など、さまざまな感想が聞かれました。

今回の講座は、3月28日、29日、4月1日、2日の全4回に続き、4月9日は補習・自由研究をおこないます。

なお、中高生国際Rubyプログラミングコンテスト実行委員会では、子どもたちがプログラミングを学び、自分でコンピュータを動かしたときの感動やつくった作品を発表する体験を通して、新しい世界への興味や関心を呼び起こし、将来への夢を育むことを目的に、今年11月26日(土)、三鷹産業プラザで中高生国際Rubyプログラミングコンテストを開催します。

今回の講座に参加した子どもたちには、このコンテストを目標にして、Rubyによるプログラミングの面白さを感じてほしいと願っています。

学習の様子

※プログラミング言語「Ruby」

Rubyは、17年ほど前にまつもとゆきひろ氏により開発された、オブジェクト指向のスクリプト言語。オブジェクト指向とは、関連するデータの集合と、それに対する手続き(メソッド)を「オブジェクト」と呼ばれる一つのまとまりとして管理し、その組み合わせによってソフトウエアを構築する考え方で、その仕組みを利用することにより、格段に開発効率を向上させることができる。また、スクリプト言語とは、小規模なプログラムをすばやく作成することを主な目的として、習得が容易で記法も簡便な言語で、書いたプログラムを逐次実行できるため、実行結果がすぐに確認できるという特長を持つ。 Rubyは、これらの特長を活かし、ソースコードの簡潔性により、その高い生産性が世界中で注目されています。プログラミング初心者にも学ぶのにやさしいため、中学生、高校生でも無理なく習得できる。

中高生Rubyプログラミング講座

開催日程

3月28日(月)・29日(火)・4月1日(金)・2日(土)の全4回、9日(土)補習・自由研究

時間

各日13:00~17:00

場所

三鷹産業プラザ3階ITルーム(三鷹市下連雀3-38-4)

対象

本年4月より中学1年~高校3年生になる方(プログラミング初心者から対象)本年4月より中学1年~高校3年生になる方(プログラミング初心者から対象)

参加費

無料、受講生はテキスト代(一人1冊1,575円)のみ負担

主催

中高生国際Rubyプログラミングコンテスト東京地区実行委員会

[構成団体]

株式会社まちづくり三鷹、株式会社テクノロジックアート、三鷹ICT・Ruby人材開発有限責任事業組合、株式会社コミュニティ・クリエイション

後援・協力

経済産業省、独立行政法人情報処理推進機構、東京都教育委員会、三鷹市、三鷹市教育委員会、他Ruby教育を実施する地域の自治体、公的機関など

イベント開催要項はこちら

お問い合わせ

中高生国際Rubyプログラミングコンテスト東京地区実行委員会事務局

株式会社まちづくり三鷹

〒181-8525 三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ2階

TEL:0422-40-9669 FAX:0422-40-9750

E-mail: info@mitaka.ne.jp

URL: http://www.mitaka.ne.jp/

プレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社まちづくり三鷹
三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ
TEL:0422-40-9669(9:00~17:30)/0422-49-8182(17:30以降) FAX:0422-40-9750
E-mail:info@mitaka.ne.jp
URL:http://www.mitaka.ne.jp/