Ruby言語による図書館システム、塩尻市が導入決定!!

2009年1月30日

要約

2009年1月29日(木)、長野県塩尻市(小口利幸市長)は、三鷹市の第三セクターである株式会社まちづくり三鷹(内田聖二代表取締役)がプログラミング言語Rubyを使って開発した図書館システムの導入を決定しました。

同市は、2010年度までに建設する市民交流センター「えんぱーく」内の図書館開館にあわせて、システムを入れ替えることとし、このほど、当社の提供するオープンソースによる自治体業務システム開発事業が同市の「地域情報化ビジョン(2006年)」に合致していることから、これを採用したものです。

当社は、図書館基幹業務システムを完全Web方式で開発するにあたり、オープンソースを活用して、大幅なコストダウンを実現いたしました。また、塩尻市向けのカスタマイズや保守運営については、長野県内の地域ITベンダーと提携しておこなうこととします。

プレスリリース 別紙資料(14.9KBytes)

まちづくり三鷹 自治体向け商品・サービス -地方自治体向けIT事業-

詳しくは「Ruby図書館システムのご紹介」をご覧ください。

プレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社まちづくり三鷹
三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ
TEL:0422-40-9669(9:00~17:30)/0422-49-8182(17:30以降) FAX:0422-40-9750
E-mail:info@mitaka.ne.jp
URL:http://www.mitaka.ne.jp/