丸池復活プランづくりワークショップ 5

1997年8月30日

第5回丸池復活プランづくりワークショップ

~基本プランの検討2~

1997年8月30日(土)新川中原コミュニティセンター和室

第5回丸池復活プランづくりは、地域の皆さん65人が参加し、新川中原コミュニティ・センターで開催されました。
たたみ一畳ほどの大きさの、たたき台としての公園大型模型が登場し一同興奮。皆さんが楽しみに待っていたこの模型は、第1回~第4回の丸池復活プランづくりワークショップで出された希望・意見をひとつにまとめたデザインです。ひょうたん型の大きな池・5つの水田スペース・水遊び用水路・大きな丘など、夢がたくさん盛り込まれた大型模型を前に、各グループの意見をカードに書き模型の該当箇所に旗を立てていく「旗立てゲーム」で検討。模型により具体的に全体を見ることができたため、修正意見が多く出ました。修正部分で意見が集中したのはパーゴラ、水田、桜並木、トイレの位置など。全体のデザイン修正や各項目の存続に関わる問題について討論されました。

「道路」「車が減速する工夫」について「公園一体型道路に」という声もあがりました。当日三鷹市のそれぞれの担当課から、「安全面及び管理面から歩道と車道の境は明確にして欲しい」などの話を聞き、次回話し合うことになりました。

会場内は盛り上がりながらも、参加者の皆さんの「ここは主張しなくては」の迫力も伝わり、丸池復活に向けてまた一歩前進が感じられました。

第5回復活プランづくりワークショップ1

第5回復活プランづくりワークショップ2

第5回復活プランづくりワークショップ3
丸池復活プランの模型に興奮しました。