野崎西まちづくりニュース第2号

1998年5月22日

まちづくりニュース

”野崎西まちづくりの将来イメージ”まとまる

『第2回 野崎西まちづくり協議会』が開かれる

東八道路沿いの野崎西地域(野崎3、4丁目の一部)において、魅力と賑わいのある商業と、良好な住環境の住宅街が共存できるまち、そんなまちを地域に住む人みんなで考えていこうという趣旨のもと、野崎西まちづくり協議会(1997年3月9日設立)の第2回総会が去る5月10日(日)に市公会堂別館で開かれました。

今回の総会では、野崎西まちづくり協議会内に設置された役員会・検討委員会により、約1年間にわたる検討結果として『野崎西まちづくりの将来イメージ(案)』が提案され、出席した会員全員の賛同により承認されました。

今回、承認された『野崎西まちづくりの将来イメージ』は、「ゆとりと賑わいのあるまちづくり」をまちづくりのテーマとして掲げ、そのまちづくりを進めるための課題として、「多くの人々の賛同によるまちづくり」が必要と考えられており、野崎西地域の将来イメージが土地利用と道路とに分けて整理されています。

野崎西地図

野崎西まちづくりの将来イメージの検討対象地域

野崎西まちづくりの将来イメージ

まちづくりのテーマ

ゆとりと賑わいのあるまちづくり

  • 地域の個性を生かし、くつろいで楽しく買い物のできるゆとりあるまちづくり
  • 豊かな緑を活かした、子供から高齢者までが質の高い生活を送ることのできる、暮らしやすいまちづくり
  • 地域の個性・歴史を尊重しながら、新たな個性・歴史・文化を育むまちづくり

まちづくりを進める上での課題

多くの人々の賛同によるまちづくり

  1. 魅力的なまちづくりのための規制緩和
    • 商業利用の可能性の拡大
  2. 調和のあるまちづくりのための規制
    • 用途の規制…出店できる業種等の規制
    • 建物の規制…高さ、壁面の位置(建物の位置)、色、看板など
    • その他のルール
      • 緑化のルールと既存樹木の保全
      • 駐車場の配置と利用のルール
        (駐車場の共同利用・共同駐車場の設置、立体駐車場をデッキで結ぶ等)